読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縁側の気持ち

33歳の12月に繋留流産からの自然流産、現在妊活中。目指せポジティブ妊活。

33歳の6月もしくは7月 北海道大好き女子は沖縄へ行くことが出来るのか1

sandays.hatenablog.jp

この記事で、だんなの仕事が忙しくて心身共に消耗していると書きましたが、そのとき提案したことがもう一つ。「沖縄に旅行をすること」。北海道大好きな私が沖縄旅行を提案するというのは恐らく人生でも今しかないと思われる。そもそもどれぐらい北海道が好きかというと、高校の修学旅行が北海道だったことから始まり、大学時代は旅行部に所属して毎年北海道へ、社会人になってからも母とさっぽろ雪まつりに行ったり、北海道に行ったことが無い友人を誘って出掛けたり、直近だとコチラ。

sandays.hatenablog.jp

数えてみたら10回以上行っていることに気がつきました。どんだけ好きなんだよ。行ったことが無い県もいっぱいあるのにねぇ。そのなかで1回だけ1人で北海道に行ったことがありまして、それはクリスマスの頃。

www.jrhokkaido.co.jp

こちらのきっぷを使用して上野から鉄道で北上。今思うと25歳の女子が1人でやることとは思えない。退職して次の仕事が始まるまでの間だったので、格安で行こうと思いこの切符に。雪原っていうのが見てみたかったんですよ、だだっ広い雪原。そのためだけに美瑛へと行きました。あ、帰りは飛行機使いましたよ。スカイマーク。それで1人だしホテルっていうのも寂しいな、と思い、ユースホステルに泊まりました。

www.potatovillage.com

夕食は宿泊客みんなが同じテーブルを囲んで。食事が美味しいという評判を聞いて予約したのですが、全くその通り。またお世話になりたい宿です。談話室ではみなさまとお喋り。中でも比較的年齢が近い方と仲良くなりました。その中の1人が、なんと沖縄に住んでいたことがあるとのこと。真冬の北海道に来るくらいですから旅行が好きで、沖縄も離島などあちこちに行かれたそうです。その時言われたのがこの言葉。

『沖縄には「なにもしない」がある』

ビーチでぼーっとしてるのとか最高だよ、とその方はおっしゃってました。その頃の私はまだ25歳だし、「なにもしない」ということに耐えられないので、縁遠い場所だな、と思ったのですが。

 

33歳になってだんなが心身共に消耗している姿を見て、いまこそ「なにもしない」ことが必要なのではないか。本人も「なにもしたくない」と言ってるし。ということで「沖縄に旅行しようか」という言葉が口をついて出たのでした。とはいうものの、北海道だと距離感が分かるので、あそことここに行こう、あそこで1泊して、ここで2泊、などとすぐ予定を立てられるのですが、なんせ人生初の沖縄旅行。沖縄の大きさも良く分かっていない。近所の本屋に行くも、「石垣島宮古島」と「沖縄本島」のガイドブックが別れていて、いっぺんに行けないくらい離れてるの!? と気付くという知識のなさ。大きい本屋で情報を仕入れねば、と思い、紀伊國屋書店新宿本店で、各地のオススメはもちろんバスやフェリーの時刻も詳細に載っている沖縄・離島情報2017-2018を買う。とりあえず梅雨の時期を外して、かつ夏休み前を狙って6月の下旬から7月上旬を予定。もちろん妊活も並行していきますが、上手く行ったらまた今度みんなで行こうね、となるし、そうじゃなかったら沖縄で息抜き出来る、という気持ちになれる。どっちに転んでも旅の計画は楽しいもの。

 

北海道大好き女子の沖縄旅行計画は始まったばかり。

33歳の4月 福岡物産展に行って来ました

www.odakyu-dept.co.jp

私と福岡には縁があって、それは中学の頃にハマったのがナンバーガールという福岡で結成されたバンドだったことから始まり、大学時代には福岡出身の漫画家犬上すくねさんの作品が好きで、最初に勤めた会社の出張では福岡県北九州市へ、次に勤めた会社の本社は福岡県。今では妊活のことを話す友人は福岡出身、仕事でお世話になっている先輩も福岡出身、HKT48が好き、ということで福岡に囲まれて過ごしている。出張と本社の研修の時しか行ったことがないんですけどね。まだ博多の劇場公演は見られていません……。

 

ということで、今日母と会う用事があって新宿に行ったら、たまたま福岡物産展がやっていたので行きました。サイトにも載っている「お茶屋さんの抹茶ソフトクリーム」を食べつつ、ぶらぶら。そして目を止めたのが、手づくりパン工房フレさんの「明太バターフランス」。だんなが魚卵アレルギーなので明太子は見てるだけ~、のつもりだったのですが、試食したらもう美味しいのなんのって。明太子の味がガッツリして、パンもふっくらもちもち。母と目を合わせて、買おう、と判断。だんなにはガーリックフランスを買いました。保存料等は一切使用してないのですが冷凍してあり、7月頭まで保つとのこと。ガーリックフランスはバターを使っているので、匂いを気にしなくて大丈夫、とのことでした。大事に取っておいて、ここぞというときに食べよう! 「梅ヶ枝餅」はその場で作っていて焼きたて、もちろん1階では「めんべい」も売っていました。「チロリアン」って福岡なんですね。お土産で良くいただいて美味しく食べています。来週からは北海道物産展。また行こうっと!

 

sandays.hatenablog.jp

ここに書いたHKT48のライブにも少し前に行きました。『春の関東ツアー2017~本気のアイドルを見せてやる~』というタイトルの通り、アイドル満載のライブ。さいたまスーパーアリーナの昼公演と夜公演、最終日のNHKホールに参戦。AKBグループのライブってどんな感じなんだろう? って行ったことが無い人は気になると思うのですが、とにかく面白い。AKBグループの曲はたくさんあるのですが、その中でもマイナーな曲からメジャーな曲まで、盛り上がる曲からバラードまで、色々組み合わせて挑んでくるのがHKT流。さらに『本気のアイドルを見せてやる』ということで、アイドルマスターからももいろクローバーZ、締めにキョンキョンこと小泉今日子さんの『なんてったってアイドル』を歌い上げて「本気のアイドル」を見せつけたライブでした。良席に恵まれて、メンバー1人1人をちゃんと確認することが出来てラッキー! 淡いピンクの衣裳を着て踊るメンバーが、満開の桜のように素敵でした。

もし女性が行くのであれば、気を付けて欲しいこと。トイレは空いています。HKTはAKBグループの中でも女性ファンが多い方なのですが、長蛇の列ということはまずありません。そこはありがたい。ただ男性が多いということはみなさん背が高いということなので、アリーナはもちろん、スタンドでも傾斜が緩やかなところだとステージが見えないことも。NHKホールはまさにそれで、163センチある私が5センチヒールを履いて行ったけど、背伸びしていたくらいです。厚底サンダルを履きたいレベルですね。実際に友人はドン・キホーテで購入し、コンサートに持って行ってました。小柄な方はヒール必須です! ライブが盛り上がってくると、みんな歌って―! とステージから客席にマイクが向けられることがあります。これは色々な歌手の方がやっているとは思うのですが、違うのはキー。男性が多いので、低い、低い、とても低い。こんな低い声出したことがない、っていうくらい低いです。普通に自分のキーで歌っても良いと思うんですけどね、目立っちゃう気がして低い声で歌っています。男性が多いと匂いとか気になる方もいると思いますが、AKBグループのファンの方は握手会とか写メ会とかでメンバーと接する機会があります。ライブも観るというよりメンバーに会う感覚だと思うんですよね。だから皆さま服装とか体臭とか、すごく気を付けていらっしゃいます。今まで何度もHKT48のライブに行っていますが、臭いも含め、嫌な思いをしたことはありません。ゼロではないと思いますが、それは日常生活でもそうですからね。

というわけで、HKT48のライブは面白いです。メインのメンバーしか分からないよ、っていう方でも様々な曲に魅了されると思います。あとサイリュウムが綺麗です。メンバーもいつも言ってくれますが、特に大きい会場だと満天の星空のよう。それが曲によって特定の色になったりすることがあるので、壮観。サイリュウムだけでも見応えあり。調べたら、今はスティックライトっていうのか……。

 

って今回もダラダラ書いてしまいました。小田急百貨店新宿店の福岡物産展は来週の月曜日、24日まで。最終日は19時閉場だそうなので、行く際はお気を付けて!

33歳の4月 女性としての生き方

 

sandays.hatenablog.jp

もうすぐ流産してから4ヶ月。今日始めて、私が妊娠していたことを知らない人に、流産したことを話した。なんで話したのか、はっきりした理由は分からない。ただ、妊活していることをしっかり話せる人が欲しい、と最近思っていた。同年代ではたくさんいるけど、子持ちの先輩ではいないからね。色々な意見が聞きたかったのかも知れない。

私が流産していたことを告げたとき、その方は、そっか…… と言って椅子にもたれかかった。私は泣きたいような、でも泣いてはいけないと強がって、変な顔をしていたと思う。私より一回り以上年上の方なのだが、ご自身も妊活されていたそうで。タイミングで授かることが出来たそうですが、ご友人で妊活されていたかたもいて。やっと授かったのに流産しちゃって、なんで私だけが、ってなって会社辞めちゃった人もいるし、3回流産して不育症じゃないか、って病院で検査したりしたけど、今は立派に2児の母になってる人も居るよ、という話をしてくれた。sandさんは妊娠できたんだから、と言ってくれて、私は笑ったら良いのか泣いたら良いのか分からなくて、やっぱり変な顔をしていたと思う。

 

sandays.hatenablog.jp

妊活のゴールってはっきりしてるじゃない? 妊娠して、出産して。そこまで行けば、やって良かったって思えるんだよね。

というようなことをその方はおっしゃっていて。出産したら、どんなに辛いことがあっても、妊活して良かったって思える。それが輝く希望のように思えて。今努力していることが、無駄では無かったと思える日が来るのだ。妊活して出産して子育てしてる人だからいえる言葉だなあ、と思う。妊活が上手く行って妊娠してもずっと不安はあるだろうし、子どもも手がかかるうちはそんなことを思う暇も無い。その方の子どもは高校生になったところで、子育ても落ち着いたかな、という感じ。そうしてやっとこの言葉が出るようになるのだろう。いつか、この努力をして良かった、と思える日が来るんだと気付く。流産したことを伝えて良かった。

 

ただ、女性としては1人産んだからと行って安心できない。子どもは? と結婚したら言われるように、1人産んだら、2人目は? と言われるらしい。今でこそDINKsとか子どもを持たない生き方もある、って言われてるけど、当時はそうじゃ無かっただろうし。女性って大変ね。結婚は? から始まり、子どもは? 2人目は? 子どもの結婚は? 孫は? とずっと言われ続ける。もうそれは仕方がないのだろう。そう、仕方がない。妊活してると、子どもは? って聞かれても、流せるときとそうじゃないときがあるよね、とその方が言ったように、授かりものなので、って軽く流せるときと、妊活してるんですよ、って重い話にしちゃうときがある。そもそもその質問をするなよ、って思ってたんだけど、仕方がないもんなんだな。そして女性である限り、この手の質問はついて回るのだろう。せめて自分だけでもその質問をしないようにしたいけど。

 

その方と流産のアレコレや妊活のアレコレを話したけど、頭の中は整理出来ていない。というか多分、流産のアレコレに関してはドアを閉めて普通に過ごしていただけで、そのドアを開けると中はしっちゃかめっちゃかなんだろう。人に話して整理出来ないことってそうそうあるもんじゃないから、やっぱり流産というのは人生においてものすごい出来事だったんだな。いつか、あの時流産しちゃったけど、諦めないで妊活してて良かった、と思える日が来るまで、ただただ未来を信じて進むことが、今の私のするべきこと。 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

33歳の4月 人は意味もなく産まれるけれどもそこには愛があるのだろう

zuisho.hatenadiary.jp

ズイショさんのこちらの記事を読んで。


よしながふみさんの作品『愛すべき娘たち』愛すべき娘たち (ジェッツコミックス)で印象に残っている話がある。思想がある祖父から、全ての人に分け隔て無く接しなさい、と教えられた女性が、結婚適齢期になってお見合いを重ね理想の人に出会うけれども、その人だけを分け隔てることが出来なくて、最終的に修道院に入ってシスターになった、という話。分け隔て無いこと、という祖父からの言葉を彼女は選んで、あるいはその言葉に縛られて生きていく。親が子どもに、こうして欲しい、ああして欲しい、と望むのはたくさんあれど、言葉に出したときに、それが生きる意味となって彼女のように一生を左右してしまったときほど怖いものはない。

自分はまだ、子育てには少し遠いところでアレコレしているだけの人間なんだけれども。子どもが産まれたときは、無事に産まれてくれて良かった、という気持ちが一番なんだろうと思う。それが人間って欲深い生きもので、育つにつれ、ああなって欲しい、こうなって欲しい、と思ってしまう。それがしつけとかちょっとしたことなら良いんだろうけど、シスターになった女性のように、性格とか考え方に影響のあるものであると、その一言が一生を左右してしまうことがあるのかも知れない。

そうすると、宇宙人から預かったと思って育てているママさんは素敵だな、と思う。いや、そりゃ産んだんですよ、ママさんが産んだんだけども、子どもは自分とは違う生きものですから。考え方とか、行動とか、分からないこともたくさんあるわけで。宇宙人から預かったと思いつつ、それを理解しようと努力しているママさんの姿が目に浮かぶよう。子どもは気にせず自由に生きているんだろうな。なんだか楽しそう。

そういえば先日2歳の甥に会いました。やたら喋るようになっててビックリ。ただこっちが言っていることも理解できているから、これは変なことは言えないぞ、と。まあたまに会うだけのおばちゃんですからね、そんなこと言う機会もそうそうないんだけれども。ズイショさんのような気持ちで接していこうと思います。

 

さて自分の子どもはというと。こればっかりは産まれてみないと分からないですね。そもそも授かるところからだよ、っていう話なんですけど。2歳の甥が喋るようになったことでだんなの「子どもカワイイ」スイッチが入ったらしく、やっぱり子ども欲しいなあ、とのお言葉。いや、なんていうか、流産した人間に対してなんの気遣いも無くハッキリ言うんですね、アナタ。と思いつつも、来月は人工授精したいなあ。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

 

33歳の4月 重大な決断を簡単に下す癖

こんな時間に更新してすみません。いつもはこの時間は出勤していて家にいないのですが。今日は本来、人工授精のために休みを取っておりました。32歳の6月に今の病院に通い出してから10ヶ月32歳の6月 不妊専門病院の初診 と 32歳の7月 だんなの検査 - 縁側の気持ち。だんなと大げんかしたり32歳の9月 二度目の卵管造影検査と出来なかった人工授精 - 縁側の気持ち卵胞が育ってなかったりして33歳の2月 女性ホルモンが乱れているもよう - 縁側の気持ち結果的に人工授精が出来なかったことはありました。しかし今回は違う。

ちょっと1回お休みしようと思います。

昨日卵胞チェックのために病院に行ったとき、今回も人工授精しましょうか、と言ってくれた先生にそう伝えました。年齢も若いわけではないし、AMHの値も低い。そんな私がそう言ったら先生ガッカリするかしら、と不安だったんですが、じゃあどうしましょうか、内診しますか? と提案してくれた。タイミングだけ見て欲しい旨を伝えて、内診。今週期の病院通いはこれだけ。

そもそも1回休むことを決めたきっかけはだんなだった。だんなの仕事が忙しくて、心身ともに消耗しているのが分かる。そんなときに妊活だ何だってなるとどうしても私がピリピリしちゃうから、そうなるよりかはだんなを支えたい、と思った。いつだったか、だんながいればそれで良いかも、って思ったときがあったんですよ。だんなと一緒にいるのは楽しいし、だんなのためにあれこれやるのも、まあたまに面倒な時はあるけど苦ではない。だからだんなと2人で好きなことやって生きていくのも良いかな、と。でもお腹の中に赤ちゃんがいた記憶があるんです。確かに赤ちゃんがいて、生きようとしてくれた。その記憶がある限り、妊活を辞めるという選択肢は無い。だんなと2人で楽しく生きながら、赤ちゃんを迎える準備をしよう。だんなが大変なときは支え合って乗り切れば良い。今は、そういう周期だ、と。今となって考えるとそうやって決めたんだと思うのですが、ある時フと、今回は人工授精お休みしよう、と思ってだんなに告げました。今大変だし、と言うと、そうしようか、とちょっと悔しそうに言ってくれました。それだけで嬉しい。こんな風に簡単に、今周期は人工授精をお休みすることを決めたのでした。

よくよく考えると、私たち夫婦はそうやって重大な決断をあっさり決めてしまうことが多い。例えば結婚式場も、ゼクシィのカウンターに行っていくつか提案されて、内見して2件目でその日の内に契約。結婚当初からずっと住んでいるこの部屋は、不動産屋さんに行って5件ぐらい見たあとに、私が携帯サイトで見つけた部屋を偶然その不動産屋さんが扱っていて、内見して契約。家電も半日で全て買いそろえたし、旅行も思いつきで行くことが多い。それで失敗したことが無いから良いけれども、こうやって書き出してみると、もっと良く考えなよ、って言いたくなりますね……。

 

33歳、AMH0.80の私は、そうして今周期の人工授精をお休みすることにしました。この決断が正しいのかどうか、分かるのはもうちょっと先のお話。ブログを読んでいると皆さまからの素敵なご報告が多くて嬉しい。先に行ってて下さいー! あとから追いかけますのでー!! 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

33歳の4月 念願の目黒川へ

f:id:sandays:20170410220333j:plain

だんなの仕事が終わるのを待って夜桜となりました。いやー人多かった!    花火ぐらい混んでました。なんとなくお花見って、会社で老若男女入り交じってワンカップ、みたいなイメージがあったのですが、若い人の多いこと多いこと。そしてみんないちごの入ったスパークリングワインを飲みながら歩いてました。さすが中目黒、オシャレ。

f:id:sandays:20170410220559j:plain

行ったのは4月8日の土曜日。ちょうど満開。今年はちょっと遅めだったよね、なんて言いながら、中目黒から池尻大橋へと目黒川沿いを歩きました。川を覆い尽くすような桜に目が眩んで。ゆっくりと歩む。

f:id:sandays:20170410220903j:plain

かと思うと、川面に向かって咲き誇る桜も。今週辺りは桜の花びらが川を覆い尽くして、それも綺麗だろうなあ。花筏って言うそうですね。中目黒は屋台も多く途中から花より団子状態になっちゃったりしましたが。池尻大橋に近づくにつれ人が減っていったので、混雑が苦手な人は池尻大橋から歩くのがオススメ。そして桜の花びらとバトンタッチして、迎えるのは新緑の季節。テラスのあるお店もあるので、ゆっくり散歩して休憩するのも気持ちよさそう。高架下にはオシャレな飲み屋さんもありました。中目黒って乗り換えでしか使ったこと無かったんですが、こんなにオシャレで魅力的なお店がたくさんある街だとは。人気があるのも当然です。

 

その前日、金曜日にはコチラに行って来ました。

f:id:sandays:20170410221642j:plain

小高い丘のような山に登って見たのは、満開の桜の向こうで夕陽に染まる空。

f:id:sandays:20170410221759j:plain

夕陽の反対側には、月。前を向いても後ろを向いても、左を向いても右を向いても桜。コチラは山手線内で一番標高の高い山、箱根山戸山公園|公園へ行こう!です。箱根山は以前からだんなの両親にオススメされていたのですが、やっと行くことができました。電車だとどの駅も微妙に遠いので都バスがオススメ。金曜の夕方だったので、会社帰りと思われるサラリーマンやマラソン中の女性が箱根山に登ってゆっくりお花見をしていました。下の公園では学生たちが集まり始めていて、いつもは静かであろう公園が人と桜で華やかに。

桜の引力というのはすごいですね。通勤途中に桜の花が咲いていると、急いでいるはずなのに思わず立ち止まって見上げちゃって。毎年毎年、変わらずに咲いてくれる桜を見て、この桜を見るのも7回目か、と結婚してからの日々を思ったりして。だんなと手を繋いで見る桜も綺麗だけど、来年の桜は、我が子とだんなと、みんなで一緒に見たいなあ。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

33歳の4月 妊娠は奇跡じゃない

www.yuki-1224-ten.com

天使ママさんのこのシリーズを読んで。30歳の7月 妊活の始まり - 縁側の気持ち30歳の7月、基礎体温を測って自分の体を理解することから始めた私の妊活。その後病院に通い出してタイミング指導を受ける内に、どうしたら妊娠するかを調べるように。排卵して受精して着床する、というのは保健体育で習いました。しかし、だんなの子どもたちが私の体の中をどう進んでいくのか、私の分身はどこでだんなの子どもたちと出会うのか、細かいことはお恥ずかしいことに全く知らず。一回の周期で妊娠可能なのはたったの6時間程度、というのを知ったのは33歳の10月、妊娠する直前だったと思う。もっと早くこの記事に出会ってたらなぁ。卵子精子の動きをとても分かりやすく書いてくださっています。天使ママさん、ありがとうございます。さて、その6時間程度のなかで私の分身とだんなの子どもたちが出会えば受精となる。そこから様々を経て着床し、妊娠。たったこれだけのこと。良く考えたら、奇跡でもなんでもない。

そう思うけれども、たったこれだけのことが上手く行かないから妊活しているわけで。受精してからの様々がボタンをかけ違えたようになると着床しないし、そもそも一生懸命タイミングをとっても6時間程度に入らなかったら受精しない。今の科学では受精卵を育てて戻すことはできるが、排卵の時間を正確に予測することはできないし、着床を無理矢理維持することもできない。命を授かるというのはそれだけ難しいこと。偶然6時間の間に受精して、偶然順調に進んで、偶然良い位置に着床する。妊娠は偶然の積み重ねなのではないかと思う。

おれは偶然も2つまでは許すことにしてるんだ。
しかし3つも重なったらこいつは偶然とは思えん、何らかの必然があるんだ。

機動警察パトレイバー ゆうきまさみ

これは事件の捜査の際に、刑事の松井さんから出たセリフ。とある事件と偶然繋がっている人物がいる、その人物はとある事件と違うところでも偶然繋がっている、また違うところでも偶然繋がってて……、と3つ偶然が繋がると必然となり、その人物が事件に関わっているという前提で捜査する、という話。手元にないので話の流れを分かりやすく伝えられないのが残念ですが。パトレイバー、面白いんですよね。人生の参考書と言っても過言では無い、っていうぐらい好き。また実家から持ってこようかな。……話が逸れましたが。

 

偶然が積み重なる妊娠は、奇跡ではなく、必然。

 

なんとなくね、そう思った方が手が届く気がするんですよ。奇跡って起こそうと思って起こせるものじゃないから。偶然が重なった結果の必然なら行ける。だって誰しもがそうだと思うけど、妊活を一緒にやっている伴侶は偶然の重なりあいで今隣にいるんだもの。

だから、妊娠のためにしている努力は無駄ではない。偶然を重ねるために努力していると思えば、その偶然はやがて必然になる。とりあえず、暖かくなってきてカーディガンを脱いだらお腹周りにしっかり脂肪がついていたのでダイエットすることから始めようと思います。ダイエットするする詐欺にならないように頑張るぞー!!

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

33歳の4月 視野を広く

お久しぶりです。始めの頃は毎日記事を書いていたのに、なんで最近は間が開くのだろう、と思われるかも知れません。実は私、今までSNSもブログも一通りやったことがありますが、続いた試しがなく。ということで、妊活&雑記ブログを始めるに当たって、とりあえず1ヶ月毎日書いてみよう、と思ったのです。1ヶ月毎日続けられたなら、その後もボチボチ行けるだろう。ということで、これからはボチボチやって行きます。これからも変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願いします。

 

sandays.hatenablog.jp

この時の仕事仲間に会ってきました。契約社員なのでみんな退職していてそれぞれ違う道を歩んでいます。結婚した方もいれば、出産して子育て中の方、正社員の道を辿った方も。結果、出身地や年齢はもちろん、独身も既婚も、子どものあるなしも入り交じった会となりました。当時の思い出話や今働いている後輩の話など色々な話が飛び交いますが、一番興味深いのは『今なにをしているのか』という話。私は週5のパートをしていて時間も決まっているんだけど、人が足りなくて仕事が終わらない、という話をすると、ウチも人が足りない、辞めたいけど入れ替わりが激しくて辞められない、という話になり、飲食業界の現場の大変さとか、派遣の法律の話とか、色々な話に発展していく。既婚の友だちと会うとどうしても妊活の話が多くなってしまうので、こうやって色々な話が出来るのがとても楽しかった。

 東京の同じ職場でみんな一緒に働いていたのに、今は地方で働いたり、海外に行っている仲間もいる。全員で会うことは難しいけれども、違う環境の友人と会うことは大事だと実感した。

 

というのは、自分の視野が狭くなっていたということに気付くことが出来たから。毎日の生活、仕事、妊活で手一杯になっていて、そこにしか意識が行っていなかった。遠くで頑張っている仲間もいる、正社員になって楽しんで仕事をしている仲間もいる、子育てしながら妊活している仲間もいる。色々な人がいて、様々な決断をして、日々を過ごしている。妊活をしていると、自分だけがどうして、という気持ちになることが多いけれども、誰でもそういう気持ちになることがあって、それを乗り越えて生きている。そんな簡単なことに気付くことが出来ないくらい、視野が狭くなっていた自分に驚いた。

 

仲間の近況を聞いて、人は1人じゃないんだなとさんざん言われ尽くしたようなことを思って、暖かい春の訪れを感じた。

33歳の3月 前しか見ぬ馬鹿であれ

 

sandays.hatenablog.jp

タイムマシンを一回使える権利があったなら、1週間後の自分に会いに行く、というもったいない使い方をするだろう。

 と先日の記事で書きましたが、1週間いらなかった! 翌日だったよ、翌日! タイムマシン使わなくて良かった! というわけで、とても残念ではありますが、無事に生理が来ました。皆さまにご報告できるような結果ではない、と書いていた妊娠検査薬の反応は、10分後にうっっっすら陽性が出るというもの。生理予定日1日前、生理予定日2日後でも同じ結果だったので、いわゆる化学流産だったのではないか、と思っています。33歳の11月と同じく、味が分からなくなったときも1日だけでしたがありましたし。どうにもならなかったことをどうにか出来なかったのか、と考えては真っ赤に染まったナプキンを見て悔しく悲しく、それでいて淡々と仕事をしておりました。どうにもこうにも気持ちが上がらない。明日はHKT48のライブだと言うのに。

とグダグダしていたら、だんなの仕事で良い報せが! だんなの仕事を見て、その仕事を目指したという若い子に出会いました。嬉しくて嬉しくて泣きそうになりました。だんなはフリーランスで、文字通り身を削って仕事をしています。若い子が見た仕事をしていたときも、どれだけ大変だったか。それが何年か経って、それがきっかけで人生が変わったと言っても過言ではない若い子に出会えた。それだけで、苦しかったことも辛かったことも、全て報われたような気がしたのです。本当に、ありがとう。

 

私が妊娠できなかったことと、だんなの仕事が報われたような気がしたこと。私の中ではだんなの喜びが圧勝!!

 

ということで、今は気分が上がっています。妊活に集中しよう、とアイドル番組を見るのも控えていましたが、明日のさいたまスーパーアリーナと4月14日のNHKホールはアイドルに染まって楽しんできます! 今回のHKT48のツアーのテーマは昭和アイドルらしく、ロゴとかメンバーのポスターが昭和っぽくて逆にカワイイ。堪能してきます。

 

妊活は苦しいことも辛いこともたくさんあるけど、だんなの仕事のように、ああ、妊活してて良かった、あの日々が報われた、と思う日が来るのだろう。

 

それまで、前しか見ぬ馬鹿であれ。

 

 

胸にてをあてて 誓いをたてよう 振り返ることを知らない 前しか見ぬ馬鹿であれ

冬は訪れる そして過ぎるから 何がおきてもいつでも 前しか見ぬ馬鹿であれ

 

アゲハ~これからの君と僕のうた

作詞作曲 浜崎貴司

  

アゲハ ?これからの君と僕のうた?

アゲハ ?これからの君と僕のうた?

 

 

 

33歳の3月 ここ最近のこと

 

sandays.hatenablog.jp

こちらに書いた通り人工授精をして、それから2週間と少し経ちました。まだ生理は来ておりません。いやーもう気分の上がり下がりがスゴイです。前回の記事なんかはそれがモロに出てますね、お恥ずかしい。こんな状態でブログを書くのも申し訳なくてサボっていたのですが、やっぱり書いた方が色々気持ちの整理が出来そう、と思ってパソコンの電源を入れました。もちろん我慢できなくて妊娠検査薬ドゥーテストをフライングで使用しているのですが、皆さまにご報告できるような結果では無く。とはいえ33歳の11月に妊娠したときのような諸症状は出ているんですよねー。だから余計に不安定になってしまって。

年度末ということで飲み会のお誘いも来ましたが、断りました。自分が飲まない分には良いんですが、喫煙者がいらっしゃるので……。そういえば神奈川県は「公共的施設における受動喫煙防止条例」というのがあるそうですね。飲み屋さんでも禁煙だったりするとか。喫煙者の友人が鎌倉に泊まったときに、吸いながらお酒を飲めるところがなかなか見つからずに困ったそうです。妊活している私たちにとってはありがたい話ですが、喫煙も趣味のひとつだと考えると、その趣味を条例で禁止されているのも辛いような気が。喫煙者もタバコの煙を避けたい人も、楽しく過ごせるようないい落としどころが見つかると良いんですが。

今週末にはさいたまスーパーアリーナ、4月の中旬にはNHKホールで行われるHKT48のライブに行く予定。どちらも体調次第だな、と思ってはいるのですが、座席があるし、見えなくても座っていれば良いかな、と。広い会場なのでメンバーを見ることはもともとあまり期待していません。近くに来たらラッキー! ぐらいな。

 

というようなことをやっぱり検索しちゃうんですけどね。「妊娠初期 副流煙」とか、「妊娠初期 ライブ」とか。11月に妊娠したときは検索しすぎてわけが分からなくなっていたので、そこは私も学びまして、ある程度検索したら自分の中で結論を出して、検索しないようにしています。そしてその結論は、だいだい、「人による」というところに落ち着くことが多い。妊娠に気付かずタバコを吸っていた人もいるし、スタンディングのライブに行っていた人もいる。どういう人がどういう割合で居て、結果こうなった、なんていう統計は無いわけだから、自分で判断して、後悔しないようにしなければならない。というわけで、飲み会は不参加、ライブは参加するつもりだけど当日の体調次第、という結果に落ち着きました。

 

もし妊娠してたら、今は40週の中の始まりに過ぎない、って、広い心を持とうと思っているんですけどね。なにぶん検査薬はハッキリしないし、その割に貧血っぽかったりするし、もうどうしていいやら。あと1週間もすればはっきり結果が分かるんでしょうけれども、それは妊活時間で、いつもはあっという間に過ぎる1週間も長くて長くて仕方がない。タイムマシンを一回使える権利があったなら、1週間後の自分に会いに行く、というもったいない使い方をするだろう。ただ、タイムマシンで1週間後の自分に会ったとしても、このまま1週間待ったとしても、どちらに転んだとしても結果を受け止めるのは私しか居ない。私が強い覚悟を持って臨むしかないのだ、妊活ってやつは。