読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縁側の気持ち

33歳の12月に繋留流産からの自然流産、現在妊活中。目指せポジティブ妊活。

33歳の2月 女性ホルモンが乱れているもよう

妊活 繋留流産

今日東京に雪が降った。

前雪を見たときは、お腹に赤ちゃんが居たな、と思いながらお腹を撫でる。

それだけで、泣きそうになった。

 

今日、生理開始日から21日目の診察。5日前の診察では卵が大きくなっていなかったのですが、明日か明後日には人工授精出来るかな、と期待していました。元々生理の周期は長い方だし遅いのは気にしていなかったのですが。

 

卵巣、小さいですね…。

今回は卵が育たなかったか、育っても良くなかったんだと思います。

 

な、なんと……。

先生の声が耳を通過して頭の周りをぐるぐる回る。どうすればいいのか分からなくて、言葉を失う。

 

ホルモンバランスが乱れているかも知れません。卵巣と子宮の状態をリセットするためにお薬出しておきますね。

 

ということで、プレマリンとルトマール錠を処方されました。

 

精神的にも肉体的にも外面が良くなっただけなのだろう、私の中心部は助けを求めていた、雪の日に涙ぐんでしまうくらいに。

 

その上仕事でしんどいことがあって、追い討ちをかける。平静を装うこともできるし、笑うことも出来る。でも私の心と体はそれを望んでいるのだろうか?

 

悩んでこどもが出来るわけではない。笑って暮らしてるところに赤ちゃんが来てくれる。でも今は、すこし落ち込んでも良いよね。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村