縁側の気持ち

34歳、切れ痔を抱えつつ妊活中。

30歳の1月 ご近所パートをしています

今年の1月で4年目になりました。ということは、30歳の1月から今の職場で働いているのか。妊活を始める少し前ですね。

sandays.hatenablog.jp

 

この年になると、家を買う友人が増えてきます。今住んでいる家から少し離れた所に買うと、困るのが通勤時間。30分と1時間じゃ全然違う。引っ越しと同時に異動を希望してかなった友人もいますが、それでも電車通勤は変わらず。あまり近くだと休みの日に職場の人と会っちゃうのが気になるそうです。

かくいう私はしばらく家を買う予定もなく、賃貸で暮らしています。彼女とは逆で、職場まで徒歩30分圏内。自転車だと15分かからないぐらい。今は自転車に乗らずに歩いています。妊活と自転車ってどうなんですかね。妊婦さんが自転車に乗らない方が良いのは、転倒する危険があるからだそう。でも私の中心部にダイレクトに響くし、やっぱり気になる。……よし、歩こう! ということで元気に歩いています。遅刻する! ってときは乗ったりしますが……。徒歩圏内だと電車の遅延とか言い訳が出来ないのがつらい。

一緒に働いている方もご近所さんが多いです。もっと職場に近い人もいれば、我が家からすぐのところに住んでいる人も。そうなると当然、休みの日や近所のスーパーで会うことも多い。昨日もコンビニに行く途中に、「sandさーん!」と声を掛けられました。妊活する前に、金曜日にスーパーで酒を買い込んでいるのを見られたときはさすがに恥ずかしかったなぁ。だんなと手をつないで仲良く歩いてるときとか、親に目撃された時のような恥ずかしさ。夫婦だし悪いことはしてないんだけれども……。

 

でも、そのお陰でこの街を好きになった。

 

ご近所でパートを始めて良かったなあ、と思うのは、さまざまな情報が手に入ること。新しく出来た自転車屋が親切で良かったとか、あの中華料理屋でママサンバレーのあとにみんなで一杯やってるとか、ママサンバレーどう? と誘われましたが運動音痴なので丁重にお断りしました。運動音痴の中の運動音痴なんですよ。もうものすごく運動苦手。ボールと友だちになれないタイプ。あそこに新しい道路が開通したけど使ってる? とか。特に飲食店の情報はありがたくいただいています。それから、お子さんがいる方だと小中学校の学区の話とか学校の雰囲気の話とか。今の仕事にする前はそれこそ電車通勤だったので近所に知り合いも居ないし、ただ帰ってきて寝るだけのような場所だと思っていました。でもこうしてご近所さんが増えると、一軒一軒に住んでいる人がいて家族があって、生活がそこにあるんだな、と感じることが出来ます。顔が見えてきたんだと思います、街に住んでいる人の顔が。街が生きている感じ。

というわけで、元々だんなの実家が近くてだんなの両親と偶然会うことがあったので、休みの日に職場の人に会うのは気にならない、という私にはご近所パートがとても合いました。結婚するまで縁が無かった土地ですが、愛着が湧いています。今後の予定としては、赤ちゃんを授かったら、どこの病院で産みましたか? ってリサーチするつもり。早く聞きたいですな。

  

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村