縁側の気持ち

33歳、妊活中。東京在住の北海道大好き女子が、沖縄で路線バスの旅をしてきました。

33歳の7月 沖縄旅行記1日目~路線バスの旅、はじめました

沖縄で路線バスの旅をするのは無謀だ

とはっきり言われたわけではないですが。転勤で住んでいた人からはタクシーの貸し切りを進められたし、ネットでも路線バスの旅行記は少ない。それでも運転できない我々夫婦にとってはそれが最善の選択だ、と信じていた……。

ちなみにこの時点でのバス用装備は、

1、紙のバスマップ沖縄(北部・離島版、中南部版)

郵送で入手しました33歳の7月予定 沖縄旅行計画2~沖縄初心者 - 縁側の気持ち

2、バスなび沖縄のアプリ

3、バスナビタイム

結果的に3は全く使いませんでした。やはり沖縄のことは沖縄の人に聞くのが一番。

 

7月4日(火) 

羽田空港 8:40ー(SKY513便)ー那覇空港 11:30

f:id:sandays:20170714191339j:plain

 

f:id:sandays:20170714191258j:plain

飛行機から富士山を眺め、島の形を確認。海と陸の境目の色がさまざまで、見たことがないそれに興奮してシャッターを押す。 

那覇空港では上手く行けばヤマト運輸の手荷物らくちん便を利用する予定でした。当日配達の締め切りは11時半。飛行機が少しでも早く着いたら良いなあ、と願ってのこと。しかしこの日着いたのは11時35分。そもそもスカイマークはカウンターから離れたところに止まるので、どっちにしても間に合わなかっただろう……。ちなみにOAS航空も同じようなサービスを実施していますが、こちらは当日配達の締め切りが11時だそうです。ということで、荷物を転がしながら旅を開始。

那覇空港ー(沖縄バス[120]名護西空港線名護バスターミナル行)ールネッサンスリゾートオキナワ前ー(徒歩10分)ーおんなの駅 なかゆくい市場 

マンゴー 直売 おんなの駅 なかゆくい市場 沖縄県恩納村の産直 直売 市場 道の駅,

ちなみに県内最安で美ら海水族館のチケットを買えるのは2017年7月現在、ココ。レジで大人1人1590円を2枚購入。そして遅めの昼食。だんなは「恩菜食房ぴぱら」でラフテー丼を、私は「寿味屋のかまぼこ」でジューシーばくだん小6コ入と、「琉冰 おんなの駅」でおばぁちゃんを購入。アイスクリームと紅芋などが1つの器にドーンと乗っています。ちゃんぷるーなので混ぜて食べてみたら、非常に微妙な感じに……。口の中を微妙な食感と微妙な味が満たしたまま、余裕をもって20分前に出発。

荷物を転がしながら歩いて、バスなび沖縄のアプリで接近情報を確認すると、……乗るはずのバスがすでに出発している……。いや、これは嘘だろう、と思ってバス停へと歩を進める。その間もアプリ内でバスはどんどん進んでいく。ようやくバス停に着くも、バスの接近情報はなく、すっかり行ってしまった後だった。いや、ちょっと待って、10分前にはバス停に着いたよ?    と思っていると、タクシーが止まり、どこ行くの?    と話しかけてきた。万座毛なら1500円で連れてってあげるよ!    と言われ、乗車。天使ママ (id:yuki-1224_love30)さんのおっしゃった通り強引でしたが、ここでタクシーに乗ったことに感謝。万座毛の最寄りのバス停である恩納村役場前からは坂道を上るんですね。これ、バスで行ってたら挫けてたと思う、荷物あるし。タクシーだったので目の前にある駐車場の入口で下ろしてくれました。ただ外国の方がすごい多い。中国、台湾、韓国、いろんな言葉が耳に届く。写真を撮ってもらおうにも日本語が通じるかどうか…… というところで同じく日本人を探す若者と出会い、お互いに撮りあう。ありがとう!

坂道をくだりながら、今度はバスが行っていないことをアプリで確認し、バス停へ。いつもはギリギリ行動のだんなが、さっさか動いてくれることに感激。都内だと、遅れて来ることはあっても早く行っちゃうことはない。それは鉄道もバスも一緒。だからね、まさか10分以上前に行くとは思わないよね。これ以降、バスに乗るときは接近情報を確認しつつ10分前にはバス停に着くようにした我々夫婦でした。

恩納村役場前ー(沖縄バス[120]名護西空港線名護バスターミナル行 )ー伊武部

ここはかりゆしビーチのために立ち寄り。かりゆしビーチの入り口はこの時期19時に締まるそうです。海水浴をして更衣室やシャワーを利用する場合は500円かかるそうですが、のんびり海岸を歩くだけなら入場料はとらないとのこと。カウンターで大きな荷物を預かってもらい、いざ海岸へ。

と言ってもただの海岸に行くわけではありません。ここはゴジラ対メカゴジラで、キングシーサーを目覚めさせるために女性が歌った場所。日陰のない海岸を延々歩き、同じ場所を見つけ、歌い上げる。あ、これさっき塗った日焼け止めが、汗で流れてる……。砂浜が白くて照り返しがスゴイ……。そして肌がジリジリする……。なんで日傘と日焼け止めを荷物に入れて預けてしまったのだろう……。翌日以降、日傘と日焼け止めとサングラスは常にだんなのリュックに入れてもらうようにしました。

伊武部ー(沖縄バス[120]名護西空港線名護バスターミナル行)ー名護バスターミナル

10分ほど歩いて、名護市 リゾートホテル 【公式】ホテルゆがふいんおきなわに到着。このときは知らなかったので遠回りしてしまったのですが、裏口からなら5分少々で着くのではないかと思います。ホテルに飲食店マップがあり、この日はすぐ裏の「ゆきの」で夕食。大衆居酒屋という感じで、私たちのような観光客はもちろん地元の方が多く利用していらっしゃる感じでした。ここで食べたもずくの天ぷらは今回の旅で1、2を争う美味さ。ジーマミー豆腐のおいしさに目覚めたのもこのお店でした。

翌日の準備をして、気がついたらぐっすり。こういう寝入り方、久しぶりだなあ。 

 

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp 

sandays.hatenablog.jp 

sandays.hatenablog.jp  

sandays.hatenablog.jp 

sandays.hatenablog.jp  

sandays.hatenablog.jp 

sandays.hatenablog.jp 

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp