縁側の気持ち

34歳、切れ痔を抱えつつ妊活中。

33歳の7月 沖縄旅行記5日目②~原点は沖縄にあり

前の記事から時間が空いてしまったのは、どうやって書いて良いか分からなかったから。今でもどうやって書くのが正しいのか分かりません。誰かの原点に辿り着いたとき、人はこういう気持ちになるのか、と。 

 

sandays.hatenablog.jp 

シュノーケリングを終えて、まずは昼食。ホテル近くのとまりん2階にあるコチラ【まぐろ食堂】那覇・海鮮 - じゃらんnetへ。14時くらいに行ったので残念ながらまぐろは切れてしまっていたのですが、さばも油が乗って美味しかったー!!

 

美栄橋駅前ー(東陽バス[30]泡瀬東線)ー国場ー(徒歩20分)ー松風苑

 

syofuen.jp

www.haebaru-kankou.jp

ウルトラマンの生みの親の1人でもある金城哲夫さん。ウルトラシリーズでは企画兼脚本家として活躍されました。だんなと出会ってから特撮作品を色々観てきましたが、ウルトラセブンの『狙われた街』は何度見ても面白い。この夏横浜高島屋で催されていた『ウルトラセブン 放送50周年記念 ~モロボシダンの名をかりて~』でもミニチュアで再現されていました。

f:id:sandays:20170903230033j:plain

金城哲夫さんの生家である松風苑の広大な庭の中に離れがあり、沖縄に帰ってからはその2階を書斎として使用されていました。現在、書斎はそのまま資料館として公開されています。高校生時代に書いた新聞、たくさんの資料、台本。執拗に写真を撮るだんなを観て、この人の原点の1つがここにあるんだな、と思いました。やっぱりその気持ちは言葉に出来ない。ありがたくて、泣きたいような、笑いたいような、私と出会う前の、うんと小さい頃のだんなに触れたような。ウルトラのイベントが沖縄で開かれるときは関係者一同で挨拶に来て下さるそうで、多くの方のサインが飾ってありました。ファンからの贈り物も机の上に飾ってあり、今でも愛されているのが分かります。感謝の気持ちで松風苑を後にしました。

 

松風苑ー(タクシー)ー首里城公園

 

oki-park.jp

現在、首里城正殿正面側は漆の塗り替えのため足場が掛かっています。うーん、残念。しかし中は通常通り見学することが出来ました。やっぱり色遣いが素晴らしい。もう素敵で素敵で、ずっと眺めてしまうくらい。高低差が多く、少し歩くだけでも息が上がってしまうという地形を生かした作りも興味深い。ところどころ案内兼監視員役のようなかたがいらっしゃるんですが、琉球王国の衣裳を身に纏っています。衣裳が違うのは階級の違いということで、おじさんが親切に教えて下さいました。おっと陽が暮れちゃう、ということで向かったのは、金城町石畳道。

f:id:sandays:20170902225033j:plain

www.jalan.net

ずーっと石畳の道が続いています。私たちは首里城から向かったので下っていったのですが、登ると結構大変そう。石畳の道の脇には素敵なお家が並んでいて、写真を撮っても撮っても収まりきらないような、そんな風景が広がっていました。立派なアカギやがじゅまるを見ながら、暮れゆく石畳を進みます。

 

金城町石畳道ー(タクシー)ー安里

安里ー(ゆいレール)ー美栄橋

 

f:id:sandays:20170902225906j:plain

実はゆいレールに乗るのも今回の旅の目標でした。沖縄で唯一走る電車。きっぷがめずらしく、自動改札機にQRコードをかざして乗ります。パスモやスイカが使えないのか、と思っていましたが、QRコードなのね、と納得。主に空港に行く方が多いのか、スーツケースを持った方が沢山乗車されていました。美栄橋に着いてからは沖縄料理屋を予約し、100均で買い物をして、天然温泉「りっかりっか湯」|那覇セントラルホテル【公式】へ。ジャグジーで腰の疲れを癒し、大満足。お風呂文化が無い沖縄ですが、地元の方が多く利用されているようでした。国際通りすぐでこの温泉に入れるのはありがたい! 帰京が明後日に迫ったこの日、予約したのはコチラ国際通り牧志店|沖縄料理が楽しめる食事処|沖縄料理 ちぬまん。もうたっぷり沖縄に浸かろう、ということで、21時からの三線ライブを狙って予約。三線というと沖縄に住んでいた友人が私たちの結婚パーティーで弾いてくれたのですが、耳にとても心地良いんですよね。沖縄でも三線を聞きたいな、と思って『ちぬまん』にしました。だんなが大好きなラフテー、私が食べたかった車エビを注文して、お酒はもちろん泡盛。すると、こんな文字が目に入ります。『セミエビ 時価』。セミエビというと、水族館で見たコレ。f:id:sandays:20170814152528j:plain

確かに店頭に同じ生きものが。

f:id:sandays:20170902231529j:plain

時価ほど怖いものはありませんが、旅の勢い、注文してみます。しばらくして戻ってきた店員さん、「セミエビ、9800円ですがよろしいですか?」

よろしくない。全っ然、よろしくないから!!

水族館で見たものがどういう味がするか気になった、とはだんなの弁ですが、思わず目が¥マークになりましたわ。その金額はさすがに無理ですね……。やっぱり時価は怖い。沖縄というと『オリオンビールの唄』! 三線ライブで歌って踊って飲んで食べて気持ち良い夜。国際通りはお土産屋さんが遅くまでやっていて、覗きながらホテルへ帰ります。なんとなく乾いた水着やラッシュガード、お土産やもう使わないものを100均で買った袋に詰め込んで、着払いで郵送。少し身軽になって、明日は朝から出掛けますよー! 沖縄もあと2日間、天候は晴れ。楽しい予感しかしない!!

 

sandays.hatenablog.jp 

sandays.hatenablog.jp  

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

 

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp

sandays.hatenablog.jp