縁側の気持ち

33歳、妊活中。東京在住の北海道大好き女子が、沖縄で路線バスの旅をしてきました。

33歳の9月 今日の喜びと悲しみをブログに綴る

沖縄旅行記の途中ですみません!    良いことがあったので新鮮な内に書かせてください!!

 

www.kiminona.com

今日は友だちと、『君の名は。』ロケ地ツアーをして来ました。ツアーと言っても簡単なもので、主人公と主人公が憧れている先輩が初デートの待ち合わせをした四ツ谷駅赤坂口で待ち合わせをして、映画の最後に主人公とヒロインが再会した須賀神社の階段を見て、主人公がバイトしている場所のモデルになったお店でランチする、というもの。四ツ谷では『マツコの知らない世界』の『天然たい焼きの世界』で放送された「たいやきわかば」にも行きました。「わかば」のあんこはなんとも言えず美味い。甘くなく、かといってしょっぱくなく、ちょうど良いんですよね。そして皮も外はパリパリで中はフワフワ。これが天然物の強みでしょうか。日差しが強かった今日ですが、店内のスペースが空いていたので、ゆっくりと頂きました。

www.boheme.jp

主人公のバイト先のモデルとなったのはこちら。13時頃に着いたのですがすんなり入ることが出来て、ランチを頂いてからもゆっくりおしゃべりすることができました。新宿御苑側に大きく窓が取ってあり、窓から見える青々とした緑と暖かく差し込む陽が気持ち良い。

実は報告がありまして…

と切り出してきたのは彼女で、その言葉に期待で思わず笑顔になってしまう。

出来たんです。

わーおめでとう!!!    今、何週? なんて矢継ぎ早に質問。というのも彼女とは不妊治療を一緒にしてきた仲間。私が人工授精をしていることも、彼女がどういう治療をしているかもお互いに話している。6月末には「今月もダメだった残念会」と称して、二人で焼き鳥屋でやけ飲みをしたところだった。

会ったら直接言おうと思ってて

その気遣いが嬉しい。良かったね、本当に良かったね、おめでとう、と。何度言っても言い足りなかった。

 

そして、そういう精神状態でいられる自分に驚いたりもした。ついこの間は武井咲の妊娠&結婚で、妊娠3ヶ月で発表しちゃって大丈夫かしら、しかも身重の体で10月スタートのドラマもやるなんて、と心配する一方で、やっぱり20代の内に妊活始めれば良かった、なんてだんなに泣きついたりしていたのに、本当に心の底から彼女の妊娠が嬉しい。どうしてそういられるのだろう、と考えるとそれは、不妊治療の先に未来があるんだ、ということを再認識したから。彼女も不妊治療で大変な時期があって、それでも続けてきて授かることが出来た。やっぱり不妊治療をしている仲間が妊娠することほど嬉しいことはないね。いや、もう、本当に良かった。体に気を付けてね、体調が良いときにまた会おうね、って新宿駅で彼女の背中を見送った。

沖縄から帰ってきて済ませた人工授精も空振りに終わり、8月はお盆休みでタイミングのみの結果、案の定のリセット。今月はどうしようかな…    なんてボヤーッと考えていた私には、良い道しるべになりました。

人生において、無駄なことは何もない

と言ったのはウチのだんなだが、今やっていることが無駄になることは決してないと信じて一歩一歩進んでいきたい。今月もやるぞー!!

 

そういう最高の報告を受けた話を書いた後でなんなんですが。

友人が妊娠した一方で、私は

本日、肛門科で切れ痔の診断を頂きました。

現実では口に出来ないのでブログで発表。これからこのブログは、切れ痔治療しながら不妊治療をする33歳女子のブログとなります。

……そうならないように、早く治したいです。はい。 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村